読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツダCX-5:宇宙の旅

マツダのSUV、コスパの高い「2代目CX-5」と私のカーライフ

Jusby製ドアヒンジカバーを装着、スッキリした見た目に満足

整備・カスタマイズ

ドアストライカーカバー装着状態

 今回は、ドアストライカーカバーとドアヒンジカバーを購入して装着したので、その模様を写真でレポートしたい。結論としては、安いし、簡単につけられ、見た目がスッキリとなって満足している。

 さらには、今回買ったものには「メーカー永久保証」がついているため、将来こわれたりしても無償交換がきく。いたれりつくせりだ。

 なお、写真のCX-5は2代目(KF)であり、グレードは20S PROACTIVE FFである。この記事で紹介する商品については、全グレードで共通して装着できる。

購入したもの

 まずは商品の紹介から。

ドアヒンジカバー

価格 1,240円(購入時)

ドアストライカーカバー

価格 980円(購入時)

  この2アイテムはどちらもJusby(ジャスビー)社製のものだ。特徴としては、

  • メーカー名や商品名のロゴが入っていない
  • 取り付けは“はめ込み”式で両面テープや接着剤不使用
  • 取り付け作業が簡単(全部で10分で完了)
  • メーカーの永久保証がついている

 うん。簡潔にして十分。

商品開封

 Amazonで注文し届いたものは以下のとおり。

梱包内容すべて

 『永久保証書』には、商品に不具合(変形・割れ等)が発生したときに、無償交換に応じると書いてある。そしてその期限はない。つまり永久的にということだ。このサポートはすごいと思う。安心して購入できる。

ドアヒンジカバー4個&ドアストライカーカバー4個

 商品名やメーカー名、意味不明な英文のロゴが入っていることが(車のパーツに限らず)ありがちだが、この商品はそんなことはない。ごらんのとおり、完全に無地である。

装着してみる

 まずは装着前の状態。いずれも運転席のドアの写真だが、他のドアも形状は同じだった。

ドアヒンジ

CX-5のドアヒンジ

ドアストライカー

CX-5のドアストライカー

 どちらも取り付けは簡単に終わった。製品にツメがついているため、それを金属部分に引っ掛けてパチっというまで押し込む。それだけ。ものの10分でドアヒンジカバー&ドアストライカーカバー計8個を取り付けできた。

 そして装着後の状態。

ドアヒンジカバー

CX-5のドアヒンジカバー装着状態

ドアストライカーカバー

CX-5のドアストライカーカバー装着状態

 接着剤は不要。密着度も申し分ない。ゆすってもガタつかないし、走行してもビビり音を出すこともなかった。

 ひとつだけ気になったのは、アヒンジカバーのほう、「股」の部分が少し広がった状態となっていることだ。これ以上はどうにもできなかった。たぶんこれが正規の状態なのではないかと思う。

おわりに

 言われなければ気づかないような微妙なドレスアップ。しかし個人的にはとても満足している。ちまたにはもっと格安の同様の商品があるようだけど、今回のこの商品は、ロゴがないこと、永久保証がついていること、この2点だけでも十分買う価値はあると思う。

 ※メーカーによれば、マツダ車全般に適合しているとのこと(デミオ・アクセラ・アテンザ・CX-3・CX-5)。他の車種のオーナーも検討してみては?