読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツダCX-5:宇宙の旅

マツダのSUV、コスパの高い「2代目CX-5」と私のカーライフ

リヤシートを倒したときのシートベルトが気になる……

CX-5の後部座席を倒した状態

 納車までのいろいろな相談のために先日ディーラー店舗に行ってきたのだが、その際に展示車をじっくり見ることができた。

 全部のシートに座ってみたり、アームレストを出してみたり、写真を撮ってみたり……。待ち遠しくてしかたないのだ。

 さて冒頭の写真だが、おわかりだろうか?

 これは、KF型CX-5(2代目)のリヤシートを倒した状態だ。XD PROACTIVEである。

 何を言いたいかというと、リヤシートを倒すと、まるで車内への侵入をこばむかのようにシートベルトが“とうせんぼ”するのである。

 これって普通の状態? なんか使い勝手が悪そうな気が……。その場でディーラーに聞けばよかったのだが、いろいろしゃべっていて忘れて帰ってしまった。

 私の使い方がおかしかったのだろうかと思い、調べてみた。

 CX-5公式サイトのインテリア→機能性のページには、このような画像がある。

CX-5の後部座席(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 画像の下のほうを見てほしい。うん。ななめのシートベルトは無いように見える。これじゃわからない。

 次に取扱説明書。リアシートを倒す方法の記載はあったのだが、そのときにシートベルトがどのような形状になるかはわからなかった。

 たぶん、私のやり方がなにか間違っているんだ。もう一度よく見てみよう。さっきの画像は……。

 ……あれ?

CX-5の後部座席(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 ……あれ?

CX-5の後部座席シートベルト(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 あ~~~(納得)。

 

※画像を以下のサイトからお借りしました。マツダ オフィシャルウェブサイト