読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツダCX-5:宇宙の旅

マツダのSUV、コスパの高い「2代目CX-5」と私のカーライフ

塗装色はスノーフレイクホワイトパールマイカに即決

イメージ画像(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 新車購入自体が人生初なら、展示車などの現物を一度を見ないまま契約したのも初めてだ。

 ボディカラーの決定については、妻に全権を渡した。

 外装については私はあまりこだわらない。クルマを外から見てほれぼれするような趣味は無いし、クルマとともに過ごす時間のほとんどは「車内」にいるから。

 2代目CX-5に用意された色は以下の8つ。

  • 水色: エターナルブルーマイカ
  • 紺色: ディープクリスタルブルーマイカ
  • 銀色: ソニックシルバーメタリック
  • 黒色: ジェットブラックマイカ
  • 茶色: チタニウムフラッシュマイカ
  • 赤色: ソウルレッドクリスタルメタリック(プラス70,000円)
  • 灰色: マシーングレープレミアムメタリック(プラス50,000円)
  • 白色: スノーフレイクホワイトパールマイカ(プラス30,000円)

  カタログ上では黒色か白色がいいかなと思っていたが、実物(別の車種)をディーラーの店舗で見て紺色がとても気に入った。暗い場所では黒色に見え、光が当たる部分は鮮やかな青色に見える。落ち着いた雰囲気が、大人びたCX-5のボディの造形とマッチすると思った。

 妻は赤色と灰色以外を除く全色を見て、一もニもなく白色を選択した。

 何事も即決する夫婦である。

 

※画像を以下のサイトからお借りしました。マツダ オフィシャルウェブサイト