読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツダCX-5:宇宙の旅

マツダのSUV、コスパの高い「2代目CX-5」と私のカーライフ

試乗~GVCの独特な感触、だが悪くない

イメージ画像(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 2月に入ってすぐ、試乗車が用意できたとの連絡がディーラーからあり、さっそく行ってきた。

 走行してみて、もっとも感動したのがGVC(G-ベクタリング・コントロール)だ。アクセルを開きながらカーブに進入するときに、威力がすぐにわかる。

 さあハンドルをまわそう、と意識する直前に、操舵方向にハンドルが勝手に動いていくような感覚。あれ? まだハンドル操作してないのに……と驚く。セグウェイに乗りなれた人ならわかるだろうか。体をこわばらせなくても意識を向けた方向に自然と進んでくれるような。

 そんな感じ。

 なれてくれば、カーブに沿ってスムーズに入って、出ていける。アンダーステアを心配して細かい修正操舵を入れる不安と手間も無い。いわゆる雪道の横滑りでトラクション・コントロールがはたらくのとも違う。

 横方向にかかる遠心力も少し緩和されている気がする。(しかしほんとうにそんなことが可能なのだろうか? マツダの紹介動画では、左右方向のGを一部前後方向のGに変換することで遠心力を緩和していると説明している)

 運転フィーリングとしては、とてもいいと思った。また今後、同乗者の感想も聞いてみたくなった。車酔いしやすい妻はどう評価するだろう?

 

※画像を以下のサイトからお借りしました。マツダ オフィシャルウェブサイト