マツダCX-5:宇宙の旅

マツダのSUV、コスパの高い「2代目CX-5」と私のカーライフ

納車が3月17日に決定! 待ち遠しい

イメージ画像(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 ディーラー営業マンの亀谷君から連絡があった。納車が3月17日に決まったそうだ! この記事のときは3月25日の予定だったから、1週間ほど早まったことになる。

  • 契約 1月21日
  • (発売 2月4日)
  • 製造 2月27日
  • 納車 3月17日

 車検証もできあがり、人生初の新車のナンバーが判明した(指定ナンバーではない)。なんのゆかりもなく、語呂合わせにもならない4桁だった。まあその点は問題ない。

 個人的趣味として、ひそかに素数にヒットすることを期待していたが、思いっきり合成数だった……。でもまあ約数が少なかったことと、割と大きな43という素因数があったのでよしとしよう。

コーティングする

 自分では不安なので、キーパーラボを予約した。どんな仕上がりになるのだろう。未知数だ。

www.keeperlabo.jp

カー用品を買う

 まずほしいのは、ラゲッジスペースの床下部分の小部屋に収納するケース。取説などはここにいれたい(グローブボックスを占領されたくない)。そのために寸法を測らねば。その他は、妻の意見をあおごう。

ドラレコをつける

 ケンウッドのDRV-610を検討している。取り付け作業は……自分では不安なのでディーラーかカーショップに頼もうか模索中。

マツコネを試す

 いろいろな口コミや知人の意見を聞く中で一番気になっているのはここだ。ナビの使い勝手もさることながら、FMラジオの音質が悪いだとかBluetoothの接続が悪いだとか噂されているようだ。

 気になる……。

海外の反応~YoutubeのCX-5レビュー動画


2017 New MAZDA CX-5 XD L Package 4WD - Exterior & Interior

前回に続いて、今回は、YoutubeのCX-5動画に寄せられた英語のコメントを翻訳してみた。 

001

詳細に撮影してくれてありがとう。できれば、ガソリン車も見てみたいな。

002

投稿者はどこに住んでるの? 他の動画でも、いつも鳥がカーカー鳴いてる。

003

>>002 カラスでは日本ではよく見られる。ヨーロッパでの鳩のように。

004

>>002 札幌だよ。雪が多いことと、他の車のナンバープレートから判断して。

005

フロントグリルまじかっけえ。

006

イヴォー〇のパクリ……?

007

私が持ってる初代CX-5の方がいいなあ。リアシートのエアコンは羨ましいけどさ。あとUSBポートとパワーリフトゲートも。ハハ。機能追加がんばったね、マツダ。

008

>>007 私も初代持ちだけど新型はゴージャスになったと思う。

009

投稿者はなんでも中指で触るのが好きなんだね。

続きを読む

海外の反応~サンディエゴでのイベントとCX-5の外見

イメージ画像(出典:reddit.com)

すでに納車された方も、納車待ちの方も、購入を検討している方も、2代目CX-5の評判が気になっていることだろう。かくいう私も2chや価格.comなどのサイトにしがみついて口コミを読んでいる。

日本だけでなく海外ではどんな反応なのだろうと思って、いくつかのフォーラムを覗いてみた。今回は、そこで交わされている意見や感想を紹介してみる。

redditに投稿された『新発売のCX-5(2017年モデル)をサンディエゴの街中で見つけた』というスレッド。

www.reddit.com

※ちなみにサンディエゴは、アメリカ西海岸カリフォルニア州の南端の都市。メキシコに接している。人口は約140万人でカリフォルニア州で2番目に多い。

スレ主(投稿日:2017年3月5日)

昨日、サンディエゴの街中を歩いていたら、この車が視界に入ってきた。刷新されたノーズの見た目の上品さに、完全に圧倒されたよ。

間違ってたら教えてくれ。この車は、日本で投稿されるか、有名なイベントで撮られた動画でしか見たことがなかった。どうやらこのイベントは、限られたマツダ車オーナーのために開かれたもので、マツダのエンジニアと話ができるものらしい。

白色や黒色のCX-5も見たよ。この(画像の)赤色のリアも撮影できた。内装もね。興味がある人がいたら、もっと画像を投稿するけど?

001

そう、マツダはサンディエゴでイベントをやってたんだよ。マツダ車オーナーにメールで募集をかけて、当選した人が参加できたんだ。

002

画像、投稿して。

003

写真くれ

004

そのイベントに昨夜参加したよ。メールが届いて、基本的に先着順に参加者リストに加えられた。CX-5とロードスターRFを見て触ってきたよ。マツダNorth Americaのデザイン部長が来ていて質問ができたんだ。ホテルのプールサイドに本格的なバーが設置されて、ディナーとドリンク2杯が振舞われた。

005

>>004 マジ!? そんなの全然知らなかった。

006

サンルーフの大きさはどんな感じ? どの車メーカーにも大きなサンルーフがあるよね。マツダを除いて。

007

>>006 私の2016年モデル(初代)のCX-5についていえば、サンルーフは“とても小さい”です。

008

>>007 そうなんだ。もっと大きければいいのにな。

009

>>006 さほど良くなっていないと思う。

010

>>006 剛性、ハンドリング性能、構造を保つためにはしょうがないよ。

011

>>010 それじゃあんた、他の車メーカーは、剛性とハンドリングと構造をないがしろにしてるって言うのか? 適当なこと言ってんじゃねえよ。

012

マツダのこと大好き(love)になりそう。グリルが突き出した感じが美しい。

013

きれいだよね。去年の6月にCX-5を買って少し後悔してきた。ほんと、このグリルいいな。

014

グリルが大好き(love)は言い過ぎだけど、車全体としてはかっこいいね。

015

俺がここ何年かで見た中でいちばん変なホイールだわ。

 

※いろいろな意見があって面白い。結局まだ追加の画像は投稿されていないみたいだけど。(コメントはスレの中からの抜粋。超意訳あり)

 

マツダ6車種のフロントマスクを比較してわかった、CX-5のデザインの“新しさ”

イメージ画像(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 正直、暇なんだよね。納車まで。それで、クルマのいろいろなことを考えてしまって、無駄に現車(CX-5納車とともに手放す予定)を洗車したりもして、時間を持て余している。

 CX-5を買うことになってから、いろんな車種のデザインや性能が気になりだした。

 今日はマツダのサイトでCX-5以外の車種を見ていて、ふと比べたくなった。そう、フロントマスクを。そして並べて一つの画像にしてみた。ただ、それだけ。

 現在のマツダの主要6車種。上からデミオ、アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-3、ロードスター。(画像はマツダ オフィシャルウェブサイトから拝借。車種間での画像上の寸法は一致していない)

イメージ画像(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 どれもかっこいい。しかしこうして並べてデザインの傾向をよく見てみると、CX-5の“新しさ”がわかる。

 まずヘッドランプの上側ライン(いわゆる上まぶた)の角度。水平方向に対する角度が一番“寝ている”のがCX-5だ。切れ長の、けだるそうなこの目の雰囲気が好きだ!

 次にシグネチャーウィングの左右の先端の処理。CX-5だけがヘッドランプの下側(下まぶた)に入り込む。車高があるからできることなのだろう、この影響でグリルとヘッドランプが一体化され、全体として迫力のある雰囲気になっていると思う。いいよね。

 そしてフォグランプが納まるスペースの形状。CX-5は単純な水平ラインだ。他の車種はハの字型の意匠だが、CX-5は単純にセンターから真横に伸びた線だけ。なんて潔く、シンプルなのだろう。ゴテゴテした装飾が苦手な私にとっては大変美しいと思う。

 より寝かせたヘッドランプのライン、ヘッドランプの下側に回り込むシグネチャーウィング、シンプルなフォグランプ形状。このあたりが今後のマツダ車のデザインの主流になっていくのではないかな、と勝手に考えている。

 近くアテンザがフルモデルチェンジするらしいので、注目したい。

3月25日ごろ納車予定~遅いのはリコールの影響!?

イメージ画像(出典:マツダ オフィシャルウェブサイト)

 1月21日に契約した我が2代目CX-5。2月27日には製造が開始された(らしい)。そして本日、3月25日ごろが納車日となりそうだとディーラーから連絡があった。待ちに待ったご対面の日が近づいてきたことを実感する!

 ……それにしても、遅くないか?

 新モデルだから注文から製造まで順番待ちで時間がかかるのはわかるけど、製造から納車までまるまる1ヶ月も要するとは……。製造に何日かかるのか知らないが、仮に1週間としても、広島から関東の店舗へ運ぶだけで3週間もかかるのかな、と勘ぐってしまう。船便も週に何便かは出ているだろうに。

 2月23日には初代CX-5のディーゼルエンジンのリコールが発表されたが、これが新型の納期にも影響しているのだろうか。

 2chなどでは、ALH(アダプティブLEDヘッドライト)に問題が発覚したとかで新型の納車に一部ストップがかかってるのではないかとの噂もささやかれている。

 情報の真偽はわからないけど、納車前に改善すべきところが発見されたのなら、より良いものが届くということだ。黙って待っていようじゃないか。